ドイツの電話,インターネット,テレビ

ipad 640DSL 通信会社の選び方

ドイツ国内で活動している移動体通信事業者は3社あります。というか3社しかありません。
ドイツ・テレコム,英国の多国籍企業ボーダフォン,そしてスペインの通信会社テレフォニカ傘下のO2です。
基本的には大きな差はないので,テレコムにしようか,ヴォーダフォーンのほうがいいか,ぐらいの軽い考えで決めても,別に後悔するほどの失敗は起こりません。

しかし,家族で,テレビやインターネットから,家族メンバーのスマートフォーンの無線LANなどまで必要な人たちもいると思います。
特に最近は,固定電話は不要で,テレビも見ない若い世代が増えている一方,スマートフォーンだけでいいという人たちや家庭ではテレビやビデオのみを見ているシングルも多いこともあり,提供会社もサービス内容や料金体系を多様な嗜好に合うように度々変更しています。

ドイツ国内の固定電話通話は無償フラットが当たり前

ところが電話回線という線は廃止され,アナログ電話利用においてもインターネット回線を用いるようになったため,固定電話不要であっても料金は安くなりません。
ですから,顧客獲得のために通信会社がいろいろな魅力的なパックを揃えているように見えますが,要は回線だけ,そしてその回線を多様な目的で用いられる無線LANルーターだけの利用料金なのです。おそらくすべての通信会社がドイツ国内の固定電話への通信は使い放題のフラット料金を提示していると思いますので,もはや固定電話フラットは宣伝にもならない当然のこと,使っても使わなくても何も変わらないのです。

ドイツには,ドイツテレコムの回線の借家人としてのネット提供企業(仮想移動体通信事業者)を含めると数多くの会社がありますが,一般家庭用のDSL通信網を提供しているのは,ドイツテレコム,ヴォーダフォーン,O2,1&1の4社,ケーブル会社ではUnity Media ヴォーダフォーン,easyの3社が占有しています。

euro network w640モバイル通信(携帯電話)網の市場占有率(2017年)

E-Netz(O2, E-Plus)    8.0%
D1-Netz(Telekom)   36.0%
D2-Netz(Vodafone)  26.0%

モバイル通信(携帯電話)会社の顧客数(2017年)

1. O2(4434万人)
2. Telekom(4263万人)
3. Vodafone(3067万人)

合計で約1億3千万の携帯電話回線がドイツ国内で利用されていますが,2016年以降はあまり増えていません。

テレコム VS ヴォーダフォーン

相違点

元々は国営の公的な通信会社だったドイツテレコムはドイツ全土をカバーしているのが最も大きな違いです。
したがって,ドイツの田舎の住人や事業者は特別な通信網が敷かれていない限り,テレコムが最初の選択肢かつ最良の通信会社になると思います。
因みにヴォーダフォーンは地方の通信網はテレコムネットを借用して,費用は地方のユーザーに追加料金(5ユーロ / 2018年現在)とする設定を行なっています。

共通点

ドイツ国内の固定電話通話の無償フラット
用途に応じた3種類のパック(通信速度・容量,ドイツ国内の無線LAN網など)
1年目は低料金設定で,その後は標準料金で2年間契約の自動更新
インターネットテレビ

料金的にはほとんどのパックにおいてヴォーダフォーンの方が若干安い設定なので,都市内の住民はヴォーダフォーン,地方の住民やドイツ全土を度々廻るビジネスピープルはテレコム,という選択がまず考えられますが,詳細な比較は行っていませんので参考程度にしてください。

fiber glass w640最速希望の人たちは光回線

・・・ですが,連邦政府の総選挙でも全党派が一致している珍しい優先事項がドイツの光回線の普及です。ドイツ全土の光回線事業はテレコムのみに委任されているのですが,2016年度はわずか1パーセント,2017年度末には数字上では2百万世帯に届いているのですが,家の前の道路から屋内まではDSLだったり,散発的な最速通信だったり,と光回線を享受できる環境が構築されるまでまだ数年を要すると予想されています。それでも,業務用回線優先だったのが徐々に一般家庭でも利用できるようになったので,光回線が届いている都市に住んでいる人は考慮の価値は高いと思います。

ドイツ全土の光回線網

ドイツで光回線を現在提供している通信会社

Telekom
Vodafone
O2
M-net
NetCologne
EWE

料金は約25ユーロ/月-200ユーロ/月,速度はダウンロード(18 – 1000 Mbit ),アップロード(1 – 200 Mbit)などとなっています。


Comments powered by CComment