deutsche telekom90万台のテレコム・ルーターがハック被害

it w64011月27日の午後から,「電話がつながらない」「インターネットが切断」「ルーターの調子がおかしい」など,問題の状況はいつもと同じでも半日で90万台のテレコム・ルーターで問題が発生したことを受け,テレコムが調査した結果,外部からのハッカー攻撃によるものと発表しました。
我が家でも,きのうの日曜日,固定電話の回線とインターネット接続の問題がバラバラに発生し,これまでになく手こずりました。
ドイツ国内でのドイツ・テレコムの独占状態は消えつつありますが,多くの在独邦人がドイツ・テレコムを利用していると思いますので,まだ問題を抱えている人たちのために,簡単に解決方法を記します。
テレコムによるとすでに新しい Firmware を提供しているので,これによって今回の問題は解決するそうです。因みに,私は昨日(11月27日)の午後,ルーター設定から最新ファームウェアに更新し,確認メッセージが表示されましたが,問題はさらに悪化しました。結局,昨日はあきらめ,今朝ルーターを含む回線をすべてゼロ設定からやり直しましたが,今日行なっていたならば本当はその必要はなかったようです。

電源を切断するだけ

ルーター,ドイツテレコムのルーターのほとんどは Speedport と呼ばれるモデルです。スイッチはありません。
フリッツボックスなどの他社のルーターも同様かもしれませんが,少なくとも Speedport の場合は,モデルを問わず背面にある電源コードを抜き取って,改めて差し込む,それだけです。

必ず最低5分待ち,その間ケーブルの抜き差しも行なわない

電源コードを抜き取った後5分間,何もしないことはとても重要ですから,10分ほど,そのままほっとく方がいいと思います。
その後,改めて電源コードを差し込みます。ルーター(Speedport)が再起動して最新ファームウェアが自動的にインストールされますが,その間の約5分間,ルーター前面にある機能表示ライトの点滅・点灯の進行状況をずっと見てチェックするのもいいかも知れません。万が一,失敗や問題が発生した場合,どこで発生したか分かりますから。
おそらく問題なく再起動して,すべての設定も残っているはずです。
因みにこの方法は,今回のようなハック被害だけではなく,何らかの不具合が長時間起こったり,インターネットに長時間つながらない場合など,簡単に行なえる方法です。問題がさらに深い場合は,工場出荷時の基本設定に戻すリセットを行なうことになりますが,リセットを行なうとすべての設定が削除されます。

 

Workplace by Facebook

企業内コミュニケーション専用フェイスブック

1年前から多くの企業でテストを行なってきた Facebook at Work の名称を Workplace に改め,企業内のコミュニケーション・フェイスブックとして正式にリリース。
フェイスブックは,多くの企業がフェイスブックを利用していることから,一般的に人気の高い,グループ内コミュニケーション,ニューズフィード,ライブのチャットやビデオなどのアプリを企業用として変更を加えた。
Workplace by Facebook

進むパリのメトロの自動運転化

パリの地下鉄4番線も無人の自動運転に

1900年の開通から100年を経て,パリのメトロが徐々に自動運転に変わりつつあります。
1998年に新たに開通した14番線,そして2011年の1番線に続き4番線(1908年開通)が自動運転になります(2020年に開通予定)。
パリのメトロ(Metro de Paris)は,ヨーロッパではモスクワに次ぐ乗客数。無人の自動運転化により,運転者による運行よりも本数を約2割増やすことが可能になる。

バイエルによるモンサント買収

買収総額660億ドルはドイツ企業が挑戦した過去最高額

農業における化学肥料の使用,遺伝子組み換え食料などに対する世論が厳しいヨーロッパで,株価を上げざるを得ないほどの全財産を投げ打ったギャンブルのような買収劇におけるバイエルの真意は分かりません。
バイエル内部でも激しい賛否両論,対外的にもイメージダウンの方が大きい。
また,ヨーロッパ,アメリカ,カナダなどの公正取引委員会が許諾するかどうかも不明。

ロンドンのチューブが24時間運行

ロンドンの週末の地下鉄はオールナイト

世界の大都市に住んでいる人たちは「ロンドンでは真夜中には走ってなかったの?」と逆に驚くかも知れない24時間運行は,英国にとっては時代の一大変化。
金曜日・土曜日の夜中,ヴィクトリア線とセントラル線が0時30分から5時30分まで10分間隔で運行。
3年前に計画された夜間運行は昨年の9月に運航開始の予定だったが,ストライキのため延期。

1534年から続けられてきた「牛を殺す血祭り」に幕

スペインの歴史上初,牛を殺さない,傷つけない,牛追い祭り

ポルトガルの闘牛では牛は殺さない,スペインでは殺される慣習が変わりつつあります。
スペインの田舎町 "Tordesillas" で1534年以来,毎年行なわれてきた牛追い祭りでは,人の波の中に放された牛に槍を投げつけ,牛が死ぬまで追い続ける市民祭。
今年も牛追い祭りは開催されますが,牛を傷つけることが禁止された歴史上初の祭りになります。

VW の排ガス不正を知りながら部品供給を続けたボッシュ?

世界最大の部品メーカーボッシュとVWの関係

「排ガス計器の操作は米国の法律に抵触するので,万が一発覚した際の補償をVWに求めたボッシュ」と記された,720ページに及ぶ米国のレポートの全ての真偽は別にしても,不正を知りながら潜り抜ける策を練ることが至るところで日常的に行なわれている多くの企業の姿が浮かび上がってくる。VW スキャンダルでは,ボッシュに続き,ポルシェの名前も登場。
ドイツの自動車メーカーが独自に製造している部品は4分の1。もはや下請け業者とは呼べない自動車部品の大企業サプライヤーは自動車メーカーと同等の地位を確立して久しい。
2015年 - 世界の自動車部品サプライヤー・トップ10