Wohnen in Deutschland
ドイツの住居と不動産

schufa w400知っておきたい SCHUFA

ドイツに住んでいる6630万人から収集した個人データ6億8200万,および企業からの情報データ420万がシューファによって管理されています。ドイツ人口の4分の3に相当しますので,ドイツ在住の成人の全員と考えていいと思います。ドイツで銀行口座を所有している人は何らかの情報が,法に準拠した手続きで SCHUFA に収集されています。

シューファの正式名は,Schutzgemeinschaft für allgemeine Kreditsicherung(一般貸付保証の保護団体),つまり信用情報会社で,SCHUFA は略称です。

ドイツでアパートを借りる場合,通常保証人を必要とされることはありません。しかし,一旦貸してしまうと借主の権利が強くなってしまうせいか,それとも2-3ヶ月の保証金では賄えないほどの損傷を受けることを恐れているのかどうか定かではありませんが,多くの家主が入居人に SCHUFA からの個人情報を提出するよう要求するのが一般的になってきています。

基本的に SCHUFA に保存されている個人情報は,債権・債務における信頼性を測るための物差しとして用いられます。ですから,賃貸アパートなどの場合,銀行などからの貸し出しを求めているわけではありませんので,どこかに債務がなければ,貯金ゼロでも基本的に問題はありません。しかし,収入に比例しない借金や月賦払いなどがあると,危険指数が出てくるようです。また,口座を持たない人は SCHUFA から,金を貸すにはアブナイ人,という評価を受けます。
これらの点において批判を受けているのもシューファです。実は,シューファは独自の指標に基づいて個人のクレジット信頼性の点数をつけていますが,評価の元となる情報はシューファは独自に収集していないのです。
パートナーと呼ばれる,銀行,保険会社,証券会社,金融ブローカー(日本のような悪徳サラ金は有り難いことにありませんが,あればサラ金からも)などから情報を集め,鵜呑みにして分析しているので,間違いがあっても自分が誤っているとは言わず,最終的に訂正されても多大な時間と労力がかかってしまいます。個人情報を得ることができるのは,基本的に本人のみですが,間違った情報が長年放置されていると,いつか大きな不利を蒙ることにもなりかねません。それで,財務コンサルタントや消費者組合などは,1-2年に一度,自分の個人情報をシューファから取得することを推奨しています。1年に1回は無料で取得できることになっているのですが,シューファのWEBサイトで個人情報を申し込む際,有料の方法ばかりがまず表示され,無料の申し込み方法が明確でないことも批判されています。

いずれにしても,アパートを借りるときや,分割払いで商品を購入するときなど,シューファのデータ提出を求められたら,シューファのWEBサイトから申し込みます。
申し込みに理由は不要ですから,何も無くても勿論,申し込むことができます。

>>> SCHUFA
>>> SCHUFA 個人情報申し込み