Arbeiten in Deutschland
ドイツで働く

steuer id w640ドイツの納税番号と国民番号

イツでは2007年に全国民番号制度のような識別番号 "Steuer-ID / Steuerliche ID" が導入されました。

全住民および2007年以後に出生した人には自動的に割り当てられているので全国民が保有している ID で,死ぬまで付き合う,一生変わることのない番号です。こどもの頃は保護者が諸手続きを行うので意識することはありませんが,学生アルバイトや就職時に必ず求められる11桁の番号です。

外国人(日本人)も,ドイツ滞在許可証を取得している長期滞在者は,遅くとも勤め始めるまでに必要になります。
住民登録を行った人が,ドイツに居住しながら未だ ID がないことが分かると,2週間ほどで自動的に郵送されますので,大切に保管してください。
自動的に振り分けられている唯一の個人番号ですので,無くして分からない,または知らない場合は問い合わせることができます。
電話でも問い合わせることは可能ですが,番号の通知は郵送のみ,居住届けを行った住所に送付されます。
Tel.: 0228 / 406 - 1240
Fax: 0228 / 406 - 3200
(月-金: 8 - 16 時)
番号の照会のみの場合はオンラインの申込み書に記入すると郵便で回答が送付されます。

問い合わせの際に必須となる個人情報項目:

納税 ID と 納税番号

Steuerliche ID(納税者識別番号)と Steuernummer(納税番号) は別の番号です。
名称は納税者識別番号ですが,ID の方は在独者識別番号と言い換えても良いと思います。
納税番号は居住地が変わると番号も新たに取得することになりますが,納税者識別番号は個人のIDとして一生変わることはありません。
ですから,犯罪はもとより,交通違反などで警察に身分証明書の提示を求められた際,役所における各種手続きなどのときなど,「氏名と生年月日」という2つの情報を以ってドイツの中央情報局で本人確認が行われることは知っておいていいと思います。
同姓同名で生年月日も同じ人はドイツ国内に数人のみのようです。
名称が納税者識別番号となっているということは,将来的には納税番号を廃止して,1人1個の唯一の番号を以って納税手続きも処理する予定とも考えられます。

また,税務署は全納税者の ID を把握していますが,自分の ID を知らなくても納税申告を行うことができます。納税番号は税務署では常に必要です。
自分の納税番号が分からない,または忘れた場合などは,税務署は教えてくれますが,納税者 ID は教えてくれません。

連邦中央税務局(Bundeszentralamt n für Steuern)

  

プログラム提供元: CComment