公衆無線LANの利用時におけるデバイスの最低限のセキュリティー設定

danger 3 wh400ドイツでも多くの都市の市街地をはじめ,駅や空港からカフェ・レストランなどまで無料で利用できる無線LANの完備が進んでいるのは歓迎できますが,それに伴って程度の差はあれハッカーやクラッカーの活動もさかんになっています。
特にそれほどの悪意はなくても,ホットスポットを利用している人たちのデバイスに焦点を定めて侵入を試みるハッカーは多いので,パスワードでログインするインターネットでも安心は禁物です。
まずは,自分のコンピューターに最低限のセキュリティー設定および対策が施されていることを確認しましょう。
また,使用するときのみ電源またはネット接続をオンにするようにしましょう。

 ファイル共有機能が解除されていること
 常時 WiFi 機能が有効になっていないこと
 システム(OS)およびブラウザーが最新バージョンであること
 ウィルスソフト
 VPNソフト

インフォメーション

 Hotspot Shield VPN(Virtual Private Network)
各種デバイス・各種ソフト用VPNソフト  
アンドロイド用VPNソフト 
Wi-Fi セキュリティについて  
一般利用者が安心して無線LANを利用するために(総務省)

プログラム提供元: CComment