自由ハンザ都市,ハンブルクの歴史は海運の歴史。そして,船舶と密接に結び付いていたのが鉄道。鉄道の駅といえば中央にどんと構えた大きな時
輸出入といえば海運に限られていた頃,港町ハンブルクに初めて小さな日本人社会が作られたようです。
ハンブルクのハイライトとして人気の高い市庁舎見学。ネオ・ルネッサンス様式の華麗な建物と運河沿いの高級ブティック街を歩いて得る豊かな印
朝市はどこの町でも一番ローカル色を感じる場所。1703年以来,ハンブルクの一般市民の商いを支えてきたフィッシュマルクトは,毎日曜日の朝5時
海の玄関の王者としてのハンブルクの様相は消えつつありますが,それでも欧州第二の港として倉庫は不可欠。石畳の道,水路,100年前の倉庫群,
Alster Arkaden - アルスター湖のアーケード。ドイツで最も裕福層が多い街らしく,ハンブルク最高のロケーションをブランドが占領しています。でも