ドイツの市場

ドイツのマスメディア

    45 2018欧州スーパーリーグの裏切り

    FIFAを中心とする巨大なサッカービジネスの水面下での汚い取引のニュースが出ては消える中,さらに莫大な利益を生み出すために,ブンデスリーガとは別に欧州のエリート16チームから成るスーパーリーグの設立の計画が進められていた。

    スーパーリーグの設立のニュースが流れると「ブンデスリーグを離れる意思はない」としていたバイエルン・ミュンヘンだったが,実際にはバイエルン・ミュンヘンは正式にブンデスリーガを離れる方法について2016年から弁護士と話し合っていた。

    スーパーリーグは,勝ち抜いたベストチームが選ばれるのではなく,「強く,人気選手が居て,且つ最も金になる」ヨーロッパのチームをサッカー界のドンと大スポンサーが指定する形。
    各チームに現収入の数倍を約束する代わりに多くの条件も課し,ヨーロッパの7-11チームにリクルート交渉が裏で進められている。

    現時点では,ドイツのバイエルン・ミュンヘン,ボルシア・ドルトムンドのほか,Juventus Turin,Real Madrid,Barcelona,Manchester United,Arsenal London,AC Milan などが大きな候補。

    2021年の欧州スーパーリーグ結成の舞台裏

     

    football leaks spiegel 1

    サッカー界の強欲な人たち

    各チームの収入は5億ユーロ以上,年間1億ユーロの増収が見込まれるため,エリートだけのスーパーリーグに移転するメリットは大。
    因みに,前回のチャンピオンズリーグの勝者,レアル・マドリッドの本シーズンの稼ぎは8千万ユーロ。

    シュピーゲル誌は2016年に Whistleblower から得た情報を基に調べ続け,最終的に欧州のメディア15社および80名以上の記者に説明会を開き,確認してもらった結果「スーパーリーグの真実」を徐々に公開する。
    シュピーゲル誌が得た文書には,欧州スーパーリーグの設立にあたり,2021年よりナショナルリーグおよびチャンピオンズリーグには参加しない旨,自らを "Founder" と呼ぶ設立団体がUEFAを脅している記載も。
    因みに,メール交信を含む膨大(約8000万文書)なデータが流れ出たことを知った団体は,1 Whistleblower を探し当てるためにプロに依頼していることもあり,彼は自分の素性や国籍を一切明かさず,居住地も連絡先も常に変えている。

    実際にエリートチームから構成された欧州スーパーリーグが発足すると,放映はスカイなどのPAY TVを介する有料のみとなるだけではなく,地方の活力を生み出し,欧州市民の間ではワールドカップよりも人気のあるチャンピオンズリーグの存在も危うくなる。
    また,存在は続けられても,ブンデスリーガ第二リーグのような形になり,有名無実,収入も人気も大きく低下する可能性は大きい。

    しかし,何よりも,庶民のスポーツとして,生活水準を問わず,ようやく老若男女の幅広い層に支えられ始めていたサッカーが,金を生む純粋事業になることで失うものは限りなく大きい。

    欧州の18歳の若者たちに贈るヨーロッパ周遊券

    europe map 1 w640人になった若者たちにヨーロッパを知ってもらうアイデア "DiscoverEU" として,すべての若者たちの18歳の誕生日にインターレール・チケットを贈るEU法案は通過しなかったけれども,妥協案として抽選で配布した1万5千枚は大好評。

    無償でもらえる唯一の条件は,旅行中にソーシャルネットワークなどを介して何らかの意見や写真をアップロードしてもらうこと。人気と成功に乗って,EUはさらに1万2千券のフリーチケット配布を決定。

    宿泊・滞在費用は自分持ちながら,移動費用が無償で,使用時期も期間(2019年4月14日から10月31日までの最大30日)も任意に決められるのでメリットは大きい。

    申し込みは,11月29日から12月11日まで

    ヨーロッパ市民の成人(2018年12月31日時点で18歳の人)であることが条件。

    インフォ: 欧州委員会
    申込み: 欧州ユースポータル(欧州委員会)