ドイツとヨーロッパの新型コロナウイルス(COVID-19)

ドイツの電話・インターネット・テレビ

    ヨーロッパ

      ドイツのマスメディア

        欧州の話題

        • COVID-19

        • 就労

        • 納税

        • 経済

        2020年5月15日(金)

        ヨーロッパ諸国におけるコロナウイルスの被害状況

        EU/EEA 諸国 感染者 死亡者
         英国  233151  33614
         スペイン  229540 27321
         イタリア  223096  31368
         ドイツ  173152  7824
         フランス  141356  27425
         ベルギー  54288  8903
         オランダ  43481  5590
         スイス  30514  1872
         スウェーデン  28582  3529
         ポルトガル  28319  1184
         アイルランド  23827  1506
         ポーランド  17615  883
         ルーマニア  16247  1046
         オーストリア  16005  626
         デンマーク  10713  537
         チェコ共和国  8351  293
         ノルウェー  8175  232
         フィンランド  6145  287
         ルクセンブルク  3915  103
         ハンガリー  3417  442
         ギリシャ  2770  156
         クロアチア  2221  94
         ブルガリア  2100  99
         アイスランド  1802  10
         エストニア  1758  62
         スロヴァキア  1477  27
         リトアニア  1511  54
         スロヴェニア  1464  103
         ラトヴィア  962  19
         キプロス  907  17
         マルタ  522  6
         リヒテンシュタイン  83  1
         合計(人)  121万5176  13万8571

        出典: European Centre for Disease Prevention and Control

        注)スイスを出典データに加えてあります。
        イタリア,スペイン,フランス,ドイツなどでロックダウンが徐々に緩和されるなか,英国のようにまだ予断を許さない国もあります。個人の自主性を尊重しているスウェーデンでの致死率は26人。隣りのノルウェーやフィンランドの6人と比較すると高いにもかかわらず,スウェーデン政府は集団免疫への希望を示し,多くの専門学者が反発。


        Read more

        進む雇用の平等

        job search w640

        2019年1月から一般雇用機会均等法の性別の項目に第三の性が加わりました。
        従業員の募集広告では,性別を問わない,(m/w/d)を付け加えることが義務化されます。
        m/w/d とは,"männlich"(男性),"weiblich"(女性),"diverse"(多様)という意味です。

        また,日本でも男女機会均等法があるので,似ているとは思いますが,改めて雇用者にとって(アブナイ)禁止記載を以下記します。

        - 人種や民族の特定
        - 性別の特定
        - 宗教や世界観に関する質問
        - 障害者への差別
        - 年齢制限
        - 性的指向(ジェンダーアイデンティティー)への差別 

        ドイツ国内で見かける日本語の求人広告では,上記に違反する記載が度々見られます。
        日本語の求人広告まで調査されることはないと思いますが,拒否された応募者が裁判所に訴え,上記の理由によって拒否されたことが証明された場合,訴訟に基づく損害賠償を募集者(使用者)に強いられる可能性が高いので注意が必要です。

          


        Read more

        高速道路料金はEU法違反

        maut autobahn w640

        ドイツのアウトバーンは,制限速度が無いと云う理由で世界に広く知られていますが,もうひとつ通行料金無料というのもあります。
        ドイツ国内を走行するトラックなどの貨物自動車には2005年から高速道路および交通量の多い国道に対して使用料金が導入されています(2018年からは全国道に適用)。
        その後,普通自動車に対しても高速道路料金を導入することが検討されてきたのですが,ドイツ政府は最終的に,ドイツ人は自動車税を支払っているから,という理由で,ドイツ国内のアウトバーンを利用する外国ナンバー車のみに通行料金を課すことを決定しました。

        他のヨーロッパの諸国では,通行距離に応じた料金や1年間使用クーポンなどによって課金されているので,それほどの問題はないとドイツ政府は考えていたようですが,毎日のように国境を越えて通勤する市民にとっては大きな出費になります。
        ドイツと国境を接する国は,オランダ,ベルギー,ルクセンブルク,フランス,スイス,オーストリア,チェコ,ポーランド,デンマークなど数多いのですが,中でもバイエルン州に通勤するオーストリア人を主として反旗が翻され,オーストリアはEU裁判所に提訴していました。

        その結果,今日(6月18日),外国人のみを対象としたドイツ高速道路料金はEU法違反という裁判結果が出されました。
        ドイツ人以外のEU市民の自動車保有者がドイツ国内で差別を受ける,というのが理由です。

        最大300万ユーロ(約500億円)の損害賠償?

        普通自動車の高速道路通行料が導入されると年間500万ユーロ(約700億円)の収入が期待できると目論んでいたバイエルン州。
        ドイツ運輸省は高速道路料金の導入のために2社(CTS Eventim | Kapsch)に発注。両社はすでに投資を開始していたため,計画が挫折しても最大300万ユーロの金額を支払わなければならない恐れが出てきた。ショイアー運輸大臣によると,契約内容は履行されていないので支払う必要もなし。


        Read more

        ドイツの確定申告の提出期限

        steuer finanzamt w640

        これまで毎年5月31日が提出期限だった納税申告ですが,今年から2ヶ月延び,7月31日になりました。
        また従来と同様に,病気,書類整理の未完了,業務ストレス,引越しなどによって十分な時間がないことを理由にさらに9月30日まで延ばすことも可能です。
        証明は不要ですが,税務署に電話または書面で通知しなければなりません。

        通知を怠ったり,期限を過ぎても無視すると,税務署から催促の書面が届きます。その後は毎月の遅延料金だけではなく,納税額の10%(最大25000ユーロ)の罰金が課される恐れがありますので要注意です。

        実際に多額の罰金を支払う事態になるかどうかは,管轄税務署の判断となりますが,いずれにしても期限を過ぎてしまったら速やかな対応(うっかり忘れてしまったら電話するなど)が必要です。

        税理士が代理人として納税申告を提出する場合は自動的に12月31日が期限となりますが,最初の提出期限前(7月31日)にその旨税務署への通知が必要です。

        納税申告が義務ではないけれども確定申告として提出したい人に対しては4年間という大きな余裕が与えられています。
        例えば2018年度の税務申告の提出期限は7月31日ですが,任意の場合,2023年の1月2日までに出せることになります。

        また,2017年から,領収書などの紙の書類は,税務署から要求された場合のみ提出すればいいことになったので,通常はオンラインで送付した時点で完了です。

        ドイツ税務署が無償で提供しているソフト "Elster" を利用している人が多いですが,有料ソフトもいくつか販売されています。
        Elster が使いにくい,分からない,という人は有料ソフトの購入も一案でしょう。


        Read more

        アムステルダムに流れ始めた数億ユーロの投資

        amsterdam w640

        Brexit

        アムステルダムやルクセンブルクに私書箱だけの登録企業が多いのは周知の事実。Brexit を捉え,多くの企業がEU諸国内に移転先を探す中,やはりというべきかオランダが魅力的。

        しかし,アムステルダムの海外投資仲介会社によると,迫る Brexit では電話機と標識だけではなく,すでに英国に拠点を置いていた40社以上がアムステルダムへの移転を決め,投資規模は2億9000万ユーロ,従業員も2000名ほどが転居する見通しだという。

        日系企業では,すでにオランダに移転している,ソニー,パナソニックに続き,農林中央金庫も決定


        Read more

        新型コロナウイルス(COVID-19)

        欧州滞在の方にお尋ねします

        5月8日はドイツの終戦記念日?

        75年という年月は,多くの人たちは生と死の両方を経験し,すでに消え去っている時の長さ。だから私も含め,世界中のほとんどの人たちにとって第二次世界大戦の記憶はないので,記録などを通した想像力を使いながら考えるしかありません。
        日本では1945年8月15日は終戦記念日。定かではありませんが敗戦記念日とは呼ばないはずです。欧州の多くの国々やロシアでは5月8日は戦勝記念日。メディアで見聞きする限り,犠牲者を弔ったり,「繰り返しません」を新たに誓う日というよりも,ドイツを葬った戦勝を忘れないために祝うイベントのような印象を持ちます。

        ドイツでもようやく5月8日を記念日とする議論がまとまりつつありますが,記念日案に唯一反対している自称愛国党のAFDにとって,5月8日は解放記念日でも終戦日でもなく,無念と屈辱の敗戦の日ということに間違いないようです。

        戦争を知らない子どもたちの子どもたちが大人になる時代。ドイツにももう戦中派はいないけれども,焼け跡派が幼いころのわずかの記憶を語ってくれます。テレビではほぼ毎日どこかの放送局で世界大戦におけるいろいろなテーマでドキュメンタリー番組が放映されていますが,5月8日が近づく時期には特に多くの高齢者による回顧を直に聞くことができます。ただ,何を読んでも,何回ドキュメンタリーフィルムを見ても,当時の状況を実際にはなかなか想像できません。

        ドイツでも日本と酷似していた第二次世界大戦末期。1939年,ポーランド侵略でドイツが始めた戦争は3年後のスターリングラードにおける敗北を機に受け身になり始めましたが,ホロコーストは逆に残虐さを増していきます。

        そして1945年1月,ヒットラーの最後の演説では,最後の最後までとか,永遠のゲルマンとか,本土決戦1億総玉砕を思わせる言葉が力強く,個人的には身震いするほど気違いじみた,威圧的な狂気の言葉が叫ばれます。

        玉砕(玉が美しく砕けるように,名誉や忠義を重んじて,いさぎよく死ぬこと)(Google 辞書)
        神国は不滅

        大戦末期に限らず,戦争を煽るヒットラーの演説では,愛国心や忠誠という言い回しが繰り返され,ドイツ民族は歴史上の数々の危機を常に生き延びてきたという「ドイチュラントとゲルマンは不滅」も声を枯らして叫ばれ,「玉が美しく砕けるように散る美」意識も多くの人たちの心に響いていただろうと察します。
        そしてそこに真の人間の生きる価値や意味があるように訴える「説教」は,ヒットラーやヒズボラや旧日本軍部だけではなく,今でも多かれ少なかれ世界の至るところで撒かれ,多かれ少なかれ人の心を捉えるのはなぜなのだろうか,人間の自然の性なのだろうか,いつも,いつまでも,おそらく私は死ぬまで理解できないでしょう。
        信じたくはないけれども,その点,西郷隆盛や三島由紀夫やイスラム主義者の間に違いはないような気がするし,その美意識がいつでも巨大悲劇や巨大不幸を再び生み出す力になっても不思議ではないと思う。
        権力者が,人を豊かにするはずのそのような人間の性を意識的に逆用しているのかについては知る由もありませんが。

        第一次世界大戦の末期の時期は毎日1万人以上,第二次世界大戦では毎日2万人以上が命を落とし,生き残った人たちも大勢はモラル低下が甚だしかったといいます。
        強制収容所という名の集落は欧州全土で約4万,内アウシュヴィッツを代表とする「殺人工場」も千以上,約600万人を組織的に処分したという史上最悪の非人道的な事件の責任をナチスのみに押し付ける議論には疑問が残りますが,ドイツ人も(そして日本人も)戦争を始めて巨大な悲劇を生んだ罪意識よりも被害者意識の方が強かったと認識は間違ってはいないでしょう。

        1939年4月29日,ヒットラーはベルリン地下の防空壕に設けられた統括本部でエヴァ・ブラウンと正式に結婚します。そして数時間後の翌日4月30日,まずエヴァ・ブラウンが薬を飲んで即死,その後ヒットラーはピストルで自殺。
        ヒットラーが休戦命令も無条件降伏の発令も出すことなく亡くなったため,その後もしばらくベルリンは無法地帯となります。
        一般市民は,総統の死のニュースを聞いても,悲しむわけでも喜ぶわけでもなく,多くは無関心だったといいます。
        6年間の戦争ですべての人たちは心身疲労困憊し,特にベルリン市民は連邦軍によるベルリン解放よりも,ソ連軍による復讐的な暴力行為や女性への強姦などの無法地帯になる恐怖のほうが大きかったといいます。

        特にソビエト赤軍の略奪や強姦については戦後多くの調査記事が書かれながら,事実は分かっていませんでした。1944年から1945年の終戦にかけ,200万人の女性がロシア赤軍によって強姦されたというデータが広く知られていましたが,現在ではドイツ人の女性記者が書いた,ソビエト赤軍による強姦件数は50万,アメリカ兵による強姦も19万件という数字が現実的とされています。また,ドイツ女性だけではなく,ポーランドやハンガリーなど多くの東欧諸国における発生も多かったようです。

        関連映画: Anonyma – Überleben, Kampf und Angst

        捕虜としてシベリアに送られたドイツ兵は約1千万人,いまだに不明な約120万人の消息の調査は続けられています。東欧諸国で市民たちに殴り殺され,または命からがら歩いて逃げ帰ったドイツ市民,ベルリン解放時にソ連兵やアメリカ兵による強姦を恐れ自殺した数万人の女性,パリではドイツ兵に媚を売っていた女性たちが多くの市民にどつかれて丸刈りにされたりと,終戦を機に欧州全土が一瞬にして変化したけれども,それまでの6年間,欧州を主に世界中で起こっていた大小の何万という知られざる出来事に意味を見出したり,6500万人(内ソ連は2500〜3000万人)の兵士や市民の犠牲に何らかの価値を探すことには無理があると思います。

        ニュールンベルク裁判後もホロコーストなどの加害者を追求するドイツ司法も1960年代後半までなかなか進みませんでした。戦後,手のひらを返したかのように新たな権力を握った往年のNSの多くの生き残りが,そのような追求を阻んでいたというのもおそらく事実なのだろうと察します。

        また,下の Youtube のように,当時の記録写真やビデオで見られる,ベルリン解放を祝うソ連やアメリカの兵士たちの喜びや平和の再訪に安堵しながら町の瓦礫の片付けに勤しむドイツ女性たちの姿は,実は現実とは異なる演出が多かったことも分かってきました。市民助け合いの連帯精神も無かったわけではないでしょうが,食料の奪い合いや闇取引など,日本の戦後と同様な状況だったと思われます。

        1945年7月ごろのベルリン