rio 1512655 640いつのオリンピックだったか,「本当はいろんな競技を見たいんだけど,テレビも新聞も日本人が出場している競技が主で,記事も日本人の選手のことばっかりだなぁ」と,アメリカに住んでいる友人に不平を少しこぼしたら,「そうねぇ,でもアメリカだってそうなのよ,気持ちは分かるけど,どこでも自分の国がメインになるんじゃないの?」と言っていました。

年をとったせいか,オリンピックにもあまり熱くなることはなくなりましたが,少しのハイライトは見たいなぁと思いながらテレビをつけています。インターネットの普及のおかげで,高い日本の新聞を買わなくても日本のニュースなどがオンラインで読めるようになったのはいいのですが,9割以上が日本人関連のオリンピック記事。これほどまでに自国中心になるのか,それとも自分がおかしいのか,だんだん分からなくなってきます。やっぱり少し,おかしい。僕ではなくて,メディアが。
世界各国の選手たちが頑張っている様子を伝えて欲しいと望む人たちはいないのでしょうか?
昨夜のドイツ人選手と日本の水谷選手の卓球のように,僕でも日本人が出場していたら無意識に日本人を応援すべく,少し熱くはなりますが,画面も記事も日本人ばっかりでは興ざめです。
それで注意してみると,ドイツのテレビやメディアはドイツ人の活躍ニュースと世界のトップ選手とが半分ぐらいづつでした。

オリンピックに限りません。古い話ですが,ドイツで働いている日本人の知り合いが「ねぇ,野茂って知ってる? すごいんですよ,技ですよ,技。アメリカ人を根こそぎやっつけていますよ」
そしてインターネット新聞が読めるようになると,一時期,毎日毎日,本当に毎日毎日,見出しは「イチロー」ばっかりのことがありました。アメリカの野球の状況など何も書いてないので,さっぱり分かりません。

ところでオリンピックの開催地はブラジル。ドイツや英国のメディアでは数ヶ月ほど前からブラジルに関するレポートやニュースが増え始め,多くは政治の賄賂,劣悪な居住環境,横行する犯罪,貧困や教育の問題,インディオと自然破壊,などなど建設的で夢のあるテーマはほぼ皆無でした。オリンピック開始後も一般市民の反応や生活環境などが競技と同じぐらいの割合で放送されています。
まぁ,実際は,日本でもひょっとすると多くの外国人選手の活躍ぶりやブラジルという,日本と関係の深い国に関する「生の姿」をレポートしているのかも知れませんが,外から見る限り,あまりにも中日(思想),と思った次第です。

プログラム提供元: CComment