デュッセルドルフのお食事処

hausmannskost 1デュッセルドルフのガストロノミーとスペシャリティー

在デュッセルドルフの人たちにとっての「食」は毎日の食材調達。訪問者にとっては,「さて,どこに食べに行くか」という感じだと思います。

特に希望もあてもなく,何か,またはとりあえずどこか,とお考えの方は,旧市街をぶらぶら歩きながら「眺めて」さがすのもひとつの選択技。

雰囲気で選ぶ食事処 (6)

味が機能だとすると雰囲気はデザイン。ゆっくりと時間を過ごすなら,自分の趣向に合った店をさがしたい。
雰囲気で選ぶ食事処

デュッセルドルフの日本食レストラン (29)

日本食が好きなドイツ人なら,デュッセルドルフに来たら和食の食材の買い物と共に,数軒は食べ歩きをするようです。
 デュッセルドルフの日本食レストラン

ビール醸造レストラン (14)

日本でも徐々に広まりつつある,小規模な醸造設備が併設された地ビール醸造レストラン
19世紀後半の全盛期よりは減ってもまだまだ健在
デュッセルドルフなら,もちろんアルトビールです。
ビール醸造レストラン

喫茶・スイーツ・デリカテッセン (44)

英国ほどではないにしろ,白いテーブルクロスを囲んで和んでいるご夫人たちをよく見ました。
時代は変わり,若い人たちの創造性と多様文化の混合で徐々にバラエティーが開花しています。
喫茶・スイーツ・デリカテッセン

地区と通りで選ぶ「食」処 (4)

隣りに似たようなセンスの店が生まれ,価値感を分かち合う人たちが集まる・・・そんな地区も結構あります
地区と通りで選ぶ「食」処

旧市街の食事処・飲み処 (15)

デュッセルドルフの旧市街を紹介するテキストの常套文句になっている「ドイツで最長のカウンター」
旧市街をぶらぶら歩きながら探すのもひとつの方法
旧市街の食事処・飲み処

世界の料理 VS フュージョン (80)

ドイツ料理の人気が落ちているのはやや残念ですが,外国料理といえばイタリアンか中華という時代は過ぎ,都会並みに料理・スタイル共にバラエティーに富むようになりました。
世界の料理 VS フュージョン

軽食・ファーストフード (17)

ファーストフードの人気トップはハンバーガーとピツァですが,ドイツではソーセージ類やトルコのケバブも安くてお腹一杯になる食事です。
軽食・ファーストフード