キャベツ

キャベツ

KOHL

イツと云えばキャベツ,一昔前までドイツ人をキャベツ野郎と呼ぶ人たちもいたようですが,キャベツの種類や調理法も多く,ジャガイモと共にドイツ料理の付け合せに欠かせない野菜です。
代表的な調理法にザウアークラウトがあります。和訳が酢キャベツとなっているように,ザウアーは「酸っぱい」,クラウトは「キャベツ」の意です。しかし,ザウアークラウトを嫌うドイツ人にも結構会います。

代表的なキャベツと調理法:

1. Sauerkraut(酢キャベツ)
2. Rotkohl(煮込み赤キャベツ)
3. Wirsing/Grünkohl(煮込み縮緬キャベツ)

* キャベツが硬いせいもありますが,日本のように,トンカツの付け合せの定番のような生の千切りキャベツはありません。もちろんトンカツソースもありません。トンカツに近いシュニッツェルはありますが・・・

ザウワークラウト

ザウワークラウト

その昔は,ビタミンが豊富な保存食として貴重な料理だったかも知れません。
現在では,脂身たっぷりの肉の塊を食して,消化を助ける役割の方が大きい気がします。