ドイツのホテルの等級システム


hotelklassifizierung 1

ヨーロッパの宿泊施設では,昔から「星」というのが質の目安になっています。
20年ほど前まではドイツには星ランクはなく,フランスも4星が最高だったと記憶しています。
欧州統合に伴ってかどうか定かではありませんが,現在はほとんどの欧州諸国で星によるホテルの等級付けが行われています。ただ,各国の星付け条件がどの程度同じなのか,これも定かではありません。
星による等級は,公的機関が全ホテルを調べているわけではなく,ホテルから申請が出されてから条件に準拠しているかを検査します。したがって,無名の星なしホテルが,もぐりまたは低級ホテルとは限らず,十分に良いホテルである可能性もあります。観光局や観光ガイドブックなどのリストも同様です。「料金が高いから登録しない」と言うホテルのオーナーに,何人も会ったことがあります。

また,民宿や個人経営の宿屋には公式なランク付けはこれまでありませんでしたが,計画は進んでいるようです。(注: 私的な機関によるランク付けは有り)

インフォメーション:
ドイツ・ホテル・レストラン協会 DEHOGA
ドイツのホテル等級


1-sterne s2ツーリスト・ホテル(1つ星)

  • 全室にトイレ,浴室(バスタブまたはシャワー)/WC
  • 全室にリモコン付きカラーテレビ
  • 毎日掃除された部屋
  • レセプション(ファックス機器付き)
  • 宿泊客が使用できる電話
  • 朝食
  • 飲み物の販売
  • 荷物の預け

2-sterne s2スタンダード・ホテル(2つ星)

  • ビュッフェ式の朝食
  • ベッドランプ
  • バスタオル
  • クレジットカードによる支払い

3-sterne s2コンフォート・ホテル(3つ星)

  • 14時間勤務で英独語ができるレセプショニスト(24時間連絡可)
  • レセプションで座ることができ,必要に応じてラゲッジサービス
  • 室内の電話
  • 室内で飲み物のオーダー可
  • インターネットアクセス(室内またはホテル内)
  • バスルーム暖房,ヘアードライヤー
  • 姿見鏡,荷物置き

4-sterne s2ファーストクラス・ホテル(4つ星)

  • 18時間勤務で英独語ができるレセプショニスト(24時間連絡可)
  • ロビー,ホテルバー
  • 朝食を含むルームサービス
  • ミニバーまたは24時間のドリンクサービス
  • 室内ソファー
  • 要望に応じてバスローブ,スリッパ
  • 室内インターネットアクセス
  • レストラン

5-sterne s2ラグジャリー・ホテル(5つ星)

  • 24時間勤務で数カ国語できるレセプショニスト
  • ドアマン
  • コンセルジュ,ホテルページ
  • レセプション・ホール,ドリンクのオーダー可
  • 室内にウェルカムサービス
  • ミニバーおよび24時間の食事・ルームサービス
  • 飲室内にPC,金庫
  • アイロン,靴磨きサービス
  • 夜のベッドメイク

5-sterne s2superior-w35ラグジャリー・ホテル(5つ星デラックス)

星のランク付けには入っていないようですが,トップ・オブ・ザ・トップスを強調するために,さらにスペシャルのマークが付いています。
「金は問わないから最高を」という方,または「間違いが許されないような」お客様なら,このマークを選ぶと間違いありません。
こんなホテルに「まかり間違って」泊まる機会があったら,できるだけ長い時間ホテル内にいて,施設やサービスなどを十分すぎるぐらい利用しないと,逆に損です。

旅のヒント

チップで戸惑わないために

euro coinsレストランやカフェの勘定書はチップ込みの値段を記載するようになって久しいですが,それでもやはり多少のチップは当たり前になっているようです。

でも,その当たり前の額は?となると人さまざま。
いわゆる,高級と名のつく施設(ホテル,レストラン)は別ですが,一般的には,四捨五入でいく人が多いようです。

例:
2.5 € の飲み物のみ >> +0.50 で,3 €
(立ち飲みは,ゼロか20セント程度)
18.50 € の食事 >> 20 €
38 € の食事 >> 40 €
31 € の食事 >> 端数が出ないのでむずかしい。2~3ユーロ
一般レストランならば,数人で額が高くなっても,10ユーロのチップはやりすぎ。

という感じでしょうか。因みにヨーロッパでは,枕銭なるものはありません。
その代わり,ポーターやルームサービスは,レベルに応じて,1~3ユーロ。

電動自転車レンタル

電動自転車レンタル

アムステルダムの自転車は有名ですが,自転車のインフラやサービス環境はコペンハーゲンの方が上かも知れません。そのコペンハーゲンでレンタル電動アシスト自転車が市と観光局の推進で大きく広まっています。GPSマップ付きバイクで町のステーションのどこからでもレンタルして,どこでも乗り捨て可。まさにEバイクのスマートシティー。高価なセグウェイと異なり,レンタル料金は1時間25クローネ(約3.5 € | 400円)。予約要
Bycyklen

visitcopenhagen

金の切れ目は,旅の切れ目

pickpockets beware

身の安全が最も大事なことは誰でも知っています。それで,ヨーロッパではあまり大事件は起こりません。

置き引き,スリが多いことも,みんな知っています。それでも,なぜ盗まれてしまうのでしょうか。
フランクフルト中央駅で,あそこにいる女性はスリですから気をつけてください,と警察官に言われたことが2回も(!)あります。

ユーロ導入国・非導入国

欧州連合に属しながら,通貨はポンドを保っている英国をはじめ,以下の数カ国を除くすべての国(17ヵ国)の共通通貨はユーロです。
また,欧州連合に属していないアンドラ(フランスとスペインの間の山間にある小さな国),コソボ,モンテネグロもユーロを採用しています。

独自の通貨を守っている国々:
英国,デンマーク,スウェーデン,アイスランド,ノルウェー,スイスなど

欧州諸国の時間

ヨーロッパ諸国の時間帯は3つ(ロシアを含めると4つ)に分かれています。
英国,北アイルランド,ポルトガルの西側諸国,ギリシャやトルコを含む東側諸国を除いた国はすべて中央ヨーロッパに属します。
ほとんどの国が夏時間を採用し,日本との時差は中央ヨーロッパでは8時間(夏季は7時間)です。
夏時間は,通常は3月の最終日曜日の午前2時から10月の最終日曜日の午前2時までです。

英国,北アイルランド,ポルトガル:
GMT / GMT+1(夏季)
中央ヨーロッパ諸国:
GMT+1 / GMT+2(夏季)
ギリシャ,トルコ,東欧諸国:
GMT+2 / GMT+3(夏季)
* GMT (ヨーロッパ中央時間)

ドイツ旅行の安全情報
バックパッカー

貧乏旅行より,賢い節約旅行を

国民の平均給与は低いのに,旅行者にとって高くつく国もあります。それでも,旅行滞在費の多くは宿泊と食事にかかることを考えると,東ヨーロッパ諸国は西ヨーロッパの半分ぐらいのお金で旅行できるようです。 西ヨーロッパでは南に下るほど物価は(ユーロ導入以前ほどではないにしろ)安くなります。 ローマ以南のイタリア,そしてアテネを除くギリシャの田舎町など。特に,経済危機の波を受け,宿泊費・食費が非常に下がっている,気候が温暖で海もきれいなギリシャは,これからバジェット・トラベラーの人気スポットになりそうです。

ヒント: バックパッカーは耳栓を常備 ?! (ドミトリー式の部屋に宿泊すると,いつも大きないびきをする人がいます。彼はぐっすり寝て,周りの人は寝不足)