無料LAN

wifi w640h320

ヨーロッパの多くの町や鉄道駅で有料・無料のホットスポット整備が進捗していますが,国によっても異なり,(特に高級ホテルでは)いまだに高額の使用料金を要求されたりします。

 

また,ホットスポットを利用するということは,通常は自宅・自社よりも安全性が落ちるということですので,大切なフォルダはパスワードで保護したり,余裕があればホットスポット(外出)用のノートブックを用意するなりの対処が望まれます。

国際空港で,24時間の無料LAN

free wifiパリのシャルル・ドゴール空港(フランス),フランクフルト空港(ドイツ),ケルン・ボン空港(ドイツ),そしてジュネーブ空港(スイス)がヨーロッパで初めて,24時間の無料LAN提供を7月から開始しました。
旅客だけではなく訪問者も利用できます。アクセスに必要なセキュリティーコードは,メールまたは携帯電話(ジュネーブ空港の場合)に送られてきます。

ドイツのフランクフルト空港には300以上のアクセスポイントが設置されていますので,接続が途切れることはありません。
また,24時間無料となっていますが,不幸にも24時間以上空港に留まることになっても,改めてアクセスプロセスを踏むだけですので,実質使い放題です。ノートブック(スマートフォーン)がない人には,インターネット・ルーム(Internetpoints)が用意されていますが,有料です。

ただ,機内では,どの航空会社も2時間10ユーロ前後の料金を提示しています。
機内で無料LANを提供しているのは,ノルウェーの格安航空会社 norwegian だけのようです。

フランクフルト空港およびシャルル・ドゴール空港での利用方法

1) ブラウザーを開くと自動的に空港のアクセス登録ページも表示されますので,自分のメールアカウントを入力します
2) 登録後,入力したメールアカウントにセキュリティー・コードが折り返し,送信されます
3) セキュリティー・コードを入力します

ドイツ国内の空港の無線LAN利用料金

フランクフルト空港,ケルン・ボン空港: 無料(上記参照)
ハンブルク空港(Hamburg | HAM): 最初の1時間無料,その後は,5,- €(1時間),10- €(3時間),15,- €(24時間)
ベルリン空港(Tegel, Schönefeld | TXL & SFX): テーゲル空港でもシューネフェルト空港でも,無線LANは提供されていません
ミュンヘン空港(München | MUC): 最初の30分間無料,その後は1時間ごとに,4,95 €
デュッセルドルフ空港(Düsseldorf | DUS): 最初の30分間無料,その後は,4,- €(30分),6- €(1時間),12,- €(4時間),ヴォーダフォーンのホットスポット
ライプツィッヒ・ハレ空港(Leipzig/Halle | LEJ): 6,95 €(60分)
ニュールンベルク空港(Nürnberg | NUE): 最初の30分間無料,その後は有料(変動料金)
ブレーメン空港(Bremen | BRE): ゲートのみで使用できるWLANが30分間無料
ドレースデン空港(Dresden | DRS): 最初の30分間無料,その後は有料
シュトゥットガルト空港(Stuttgart | STR): すべて有料(プロバイダーによって異なる料金)
ハノーバー空港(Hannover/Langenhagen | HAJ): 現在(7月)は有料,9月から最初の1時間が無料で提供される予定
フランクフルト・ハーン空港(Frankfurt-Hahn | HHN): すべて有料
ドルトムント空港(Dortmund | DTM): 3- €(1時間),5,- €(2時間)

 

ドイツ国内のホットスポット

ドイツでは,全国1500箇所のホットスポットを有しているドイツ・テレコムが最大数を誇ります。まだ列車内では無料LANは提供されていませんが,ドイツ国内120の駅で提供されているLANは,最初の30分まで無料で利用できます。

各都市のホットスポット検索 >>> Hotspot Locations (英語・ドイツ語)

空港は,各空港で独自の政策に従っています。

- ミュンヘン空港: 有料(最初の30分間は無料)
- デュッセルドルフ空港: 有料(最初の30分間は無料)* 数ヶ月前まで1時間7ユーロでしたが,デュッセルドルフ空港を利用した欧州議会委員が「Twitter に書いただけで7ユーロ!」との抗議に応えた形で,30分間だけ無料になりました。

ドイツの鉄道駅での使用方法:

1) デバイスの無線LANを有効にして,利用可能なネットワークを表示させます
2) TELEKOM が表示されたら,接続(VERBINDEN)します
3) ブラウザーで任意のURLを入力すると,駅のWLANのホットスポット・ポータル・ページが表示されます
4) お持ちの携帯電話の番号を入力すると,SMSでアクセスコードが送られてきます
5) アクセスコードを,ホットスポット・ポータル・ページに入力すると,接続手続きの完了です

>> WLAN が利用できるドイツ国内の鉄道駅

ドイツの遠距離バス・観光バス

ほとんどのバスにUMTS接続デバイスが設置されていますが,一度にアクセスできるのは8人。長時間の独り占めは無理なようです。

レンタカー

AVIS と Hertz は,レンタカーに接続できる装置とSIMカードを1日10ユーロ前後で提供しています。利点は,取り外し可能なため,ホテルの部屋などでも使用できることです。ただ,ドイツ国内だけで使用でき,国外でのローミングには対応していません。

ドイツ鉄道

ICE(特急)列車のみにWLANが設置されていますが,全ICEというわけではありません。車内での利用を考えている人は予約時に確認が必要です。
料金は,1日5ユーロですが,速度やスムースな常時接続に関しては,多少の不満も聞かれます。

プログラム提供元: CComment