ドイツのパン

ドイツのパン

Brot & Brötchen

ネスコの無形文化財として申請中のドイツのパン文化
ドイツ製パン組合によると,ドイツで登録申請されているパンの種類は2583種だそうです。
一般的に知られている名称だけでも300種といわれています。

ドイツ人のパンの消費はここ数年停滞気味ですが,減っているわけでもなく2019年度の総売上高は125億ユーロ(152ユーロ/1人)とみられています。ひとり当たり毎年87kgのパンを食している計算です(因みにフランスは55kg)。

パンの消費量は変わらずとも,パン屋の総数は20年前と比較すると平均3割近くも減っています。また,パン屋さんの仕事は朝が早く,楽ではないためか,パン職人になりたい若者たちの数は減っているようです。

アメリカほどではないにしろ,ドイツでも肥満の大人・子供が増えているので,ファーストフード,甘いもの,油の多い食事や肉の量を控えるようにとのキャンペーンを見かけるようになりました。
それと共にできるだけ Vollkornbrot(全粒パン)を食することを,多くの健康・栄養機関は奨励しています。90%以上の全粒または全粒粉を用いていないとVollkornbrot(全粒パン)またはSchwarzbrot(黒パン)と 名づけることは許可されていません。
しかし,黒っぽいパンが全粒パンとは限らないそうです。
それで,Vollkornbrot(全粒パン)を購入する際は,包装紙に記されている成分を確認するか,パン屋さんならば,Vollkornbrot(全粒パン)が欲しいことを伝えると確実です。

また,黒パン,全粒パンが好き,または一度ぐらい試したいという人はぜひ Pumpernickel(プンパーニッケル)にも挑戦してください。シベリアの捕虜収容所に居た人は懐かしがるかもしれないような超黒パン。粗挽きしたライ麦のみのパンなので栄養たっぷり。
100グラムのプンパーニッケルには,成人が毎日必要とされる食物繊維の3分の1が含まれ,細胞内代謝に重要なビタミン3が豊富です。

パンの分類方法はいろいろありますが,用いている材料からの分類だと・・・bread

  • Roggenmischbrot(ライ麦の黒パン: 無漂白パン,ライ麦の含有量 51-89%)
  • Vollkornbrot/Schwarzbrot(全粒粉パン)
  • Weizenmischbrot(小麦粉の無漂白パン: 小麦の含有量 51-89%)
  • Roggenbrot(ライ麦パン: ライ麦の含有量 90%以上)
  • Weizenbrot(小麦粉パン: 小麦粉の含有量 90%以上)
  • Mehrkornbrot(多種穀物パン: 最低3種類の穀物含有要)
  • Dinkelbrot(スペルト小麦粉パン)
  • Mischbrot(黒パン)
  • Haferbrot(カラス麦パン)

ドイツで一番売れているのは,Roggenmischbrot で全消費量の約4分の1,続く Vollkornbrot と Weizenmischbrot が,やや少なくても同じぐらいなので,ドイツ人の3分の2以上の人が黒っぽいパンを好んで食していることがわかります。

パン屋さんに並ぶ多くのパン。名前が分からない場合は,例えば上記のパン名と共に,"hell"(白っぽい) とか "dunkel"(茶色っぽい)または,"körnig"(穀物や種の粒入り) などの形容詞を付けると,いくつかの候補を挙げてくれると思います。
また,パンの耳は,"Kruste" または "Rinde" と呼ばれますので,固いパンの耳が苦手な場合は,柔らかいパンの耳 "weiche Kruste" とか言えば,そういうパンを差し出してくれるでしょう。

ドイツやヨーロッパでは,食パンが美味しいパン屋さんは日本人のひいきになると言われますが,ドイツ国外では,最低3種の黒パンが揃えてあるとドイツ人が気に入る店やホテルになるようです。

クロワッサン

クロワッサン

パンの王者,クロワッサン
ドイツがかなわない華麗とエレガンス

ブレッツェル

ブレッツェル

朝に良し,軽食に良し,ビールに良し。
結構やみつきになる不思議な味わい。