Hamburg

hamburgハンブルク

正式名称の自由ハンザ都市ハンブルクから分かるように,ハンブルクはハンザ同盟に加盟した1321年以降急速に発展した港湾都市です。100年前まではニューヨーク,ロンドンに次ぐ世界三大貿易港のひとつで,多くの日本人や日本企業がドイツの在留地として最初に住み始めたのもハンブルクです。戦後,海運・造船業界が衰退するにつれ,航空産業などにシフトしています。エアバス生産工場もハンブルクにあります。また,メディアでは,ドイツ通信社DPA,ニュース週刊誌の代表格 Der Spiegel(シュピーゲル)などがあることもあり,多くの出版社が本社を置いています。日本の時事通信社も昔からハンブルクを拠点としています。また,ハンブルク生まれでハンブルク方言しか話せない(?)ヘルムート・シュミット前首相をはじめ,SPD社会民主党が強い地域としても知られています。
街の景観も,多くの港町のように,世界中からの荒くれ船員たちに群がる飲み屋街と女性街という雰囲気は皆無で(レーパーバーンはありますが),何か垢抜けた,ややインテリ,かなりリッチという印象を受けます。

ウド・リンデンベルクのかすれ声でレーパーバーンの名称の方が有名になった感じですが,地区名は St. Pauli(ザンクト・パウリ)。ビートルズが毎晩4-5時間演奏し,ポール・マッカートニーも「ハンブルクの特訓で力と自信がついた」と言って懐かしがるハンブルク,といってもザンクト・パウリしか知らなかったようです。

>>> ハンブルク市の公式サイト
>>> ハンブルク観光局の公式サイト