Baden-Württemberg

baden-wuertembergバーデン・ヴュルテンベルク州

自然では,南のスイス国境地域に広がるドイツ最大の湖ボーデンゼー(Bodensee)と,州の西半分を占める黒い森(Schwarzwald)が有名ですが,メルセデス・ベンツのシュトゥットガルト周辺またはドイツ最古の大学と古城で知られるハイデルベルクを第一に挙げる人もいるかも知れません。

もともとバーデン地方(バーデン王国)とシュヴァーベン地方(ヴュルテンベルク王国)に分かれていた地方で,戦後も北部のアメリカ占領地域,南部のフランス占領地域に分断されていましたが,1951年の住民投票によってひとつの州になりました。方言も強く,シュヴァーベン地方の言葉とでも言ようものなら,「ここはバーデン地方ですよ」と抗議されるほど似て非なるものの静かな対立があるようです。
いずれにしても方言は強く,バーデン・ヴュルテンベルク州はそこを逆手に取って,"Wir können alles. Außer Hochdeutsch."(私たちは,標準語以外なら,何でも出来ます)を州のPR用語にしています。

カールスルーエからフライブルクまでは,ライン川沿いのワイン畑が数百キロ続く,日本人にも馴染みの深い風光明媚な「黒い森」地方になります。鳩時計(ドイツではカッコウ時計)も黒い森が発祥の地,またドナウ川も黒い森の水源から始まります。
因みに,大学都市フライブルクはドイツ人の住みたい町の人気投票でトップの座を保っています。
そして,2011年,ドイツ初の緑の党のクレッチュマン州首相を誕生させたのもバーデン・ヴュルテンベルク州です。

人口: 1千万人
州都: Stuttgart(シュトゥットガルト)

>>> バーデン・ヴュルテンベルク州の公式サイト
>>> バーデン・ヴュルテンベルク州観光局の公式サイト