フリートリッヒ浴場の愉しみ方

friedrichsbad w400

ーロッパでも東欧などには結構温泉がありますが,日本人が温泉や浴場という言葉から想像するイメージと異なっていることは,いろいろな人たちから聞いたり読んだりして,多くの人はご存知だろうと思います。

南ドイツのバーデン・バーデンにあるローマ浴場(正式名はフリートリッヒ浴場)も同じで,純粋の沸き湯の温泉には違いないのですが,「温泉」とは呼べない,そんな施設です。

広告写真やWEBサイトなどで紹介されている「バーデン・バーデンのフリートリッヒ浴場」の写真を見ると,とても豪華な感じと「混浴」というイメージが強調され,特に観光客の場合,「話の種に」と訪れる人が多いような気がしますが,肩を張らずにいくと本当はゆっくりと心身ともに休める時間を過ごせるはずです。

多くの紹介記事や写真,そしてブログなどの意見は嘘ではありませんが,現実に沿わないイメージを抱いていただかないために,ちょっとひとこと

- バーデン・バーデンのフリートリッヒ浴場は温泉ではなく,サウナです。
- サウナですが,汗を思いっきり流した後のビールを楽しむためでもありません。
- 浴槽もありますが,日本の温泉でもかなり低温度に属する「ぬるま湯」です。
- フリートリッヒ浴場は,ローマ浴場でも,豪華スパでも,広いサウナでもありません。
- フリートリッヒ浴場は混浴ですが,浴槽に男女がじっと浸かるわけではありません。

ですから,せっかちな人や熱い湯が好きな人は楽しめないかも知れません。

豪壮な建物全館を利用したバーデン・バーデンのフリートリッヒ浴場。玄関に足を踏み入れると豪華で広い印象を抱きますが,中に入るとそれほど広くもないので,あまり人が多いと心も落ち着きません。
それで,多くの人が訪れる時期や時間帯を避けた方がいいと思います。
週末(金土)やドイツの祭日にはバーデン・バーデンを泊りがけで訪れる人たちが多いので,フリートリッヒ浴場も込み合います。
もちろんある程度いっぱいになると,管理側では入れる人数を制御しますが,それでも静けさが取り得のフリートリッヒ浴場が,人と話し声でざわめき始めると休むどころではなくなります。
ですから,観光客の場合,できるだけ平日に行かれることをお奨めします。
また,混浴というか,男女が裸で,というのはあまり気にしなくもいいと思います。
実は気にするほど,明るいわけではなく,湯気も立っているので,はっきりとした人の姿が見えたり,見られたりすることはあまりないのです。
また,パンフレットの写真のような豪華さはありませんが,よく見るとディテールに凝った内装で,とても高価な材料が使用されています。
そして,入り口ではサウナ部屋の順番のコースや滞在時間などを説明されますが,気にすることはありません。従う必要もなく,引き返したり,繰り返したりすることも全く自由です。それで,一部屋に人が多くいるような場合,次の部屋に行って後で戻って来てもいいわけです。また,自分に合った,温度や湿度の高さの部屋で長い間ゆっくり過ごされたらいいと思います。