玄関に入ったら

fb entrance txt

正面玄関に入ると左手に料金所があり,ここでコースを選んで入場料を支払います。
fb chipkey 1腕に付ける腕時計状のキーは,ロッカーおよび出入り口のキーの役目を果たすと共に,購入したコースが保存されたチップが入っています。
これにより入場時刻だけではなく,例えば,マッサージ師はマッサージ入りコースの人を見分けることができ,2回マッサージをしてもらおうと思ってもバレてしまいます。
そして,規定時間を超えた場合,出口で超過の支払い料金がキーのチップで催促されますので,支払わないと外に出られません。
ただ,超過料金は微々たるものですので,個人的には,入ったら時間を忘れ,居たいだけ休みたいだけ過ごされたほうがいいと思います。

写真のような入り口から階段を上がり,男女別々の日は,女性は右手,男性は左手の階段を上がったところが浴場の入り口となります。男女混浴の日は,どちらでも構わないのですが,人が多い場合は案内係りに入り口を指定されることもあります。
また,エレベーターも入り口の右手奥にあります。(ドイツの1階は日本の2階に相当しますのでご注意!)

ぜひ利用したい入浴後の休息

fb restingroom txt特に日本人は滞在時間が短く,入浴が終わると,あわただしく外に出る方が多いようですがもったいない話です。
簡易ベッドが置いてある薄暗く静かな場所で浅い眠りの快感を愉しむ右翼,天井が高くアールデコ風の内装が感じられるユーゲント様式の広い部屋で,ロングチェアーに収まり,お茶や水を飲むなり読書を愉しむなりして過ごせる左翼,個人的にはここの締めがないとフリートリッヒ浴場に行った甲斐はないのではないかとまで思っています。