自由に廻りたい17ヶ所

fb sauna 1 txt

廻り方や時間,そして各部屋の特徴を入浴前に説明されるかも知れませんが,まぁ一応の推薦だと思ってください。

各部屋の廻り方:

fb shower txt1) シャワー (5分)
大きなシャワー口と水量で,身体の準備を整えるウォーターマッサージ

fb sauna 1 txt2) 温風室 (15分)
シャワー室の次の最初の部屋。54度なので,裸でも暖かいなと感じながら,しかし汗は出ないので心地良い

fb sauna 2 txt3) 熱風室 (5分)
いわゆるサウナ。68度なので数分後には汗がタラタラ。数年前の改装でマジョリカ陶器のタイルを張り詰めてあり,贅沢な印象。砂時計もあるので時間を測れます。

fb shower txt4) シャワー (5分)
ここでも,これからも汗をかいたらシャワー,という順番を繰り返します。

fb massage 2 txt5) 石鹸ブラシ マッサージ (8分)
オプションのマッサージなので,最初に料金を払っていない人はパス。

fb shower txt6) シャワー (5分)
マッサージ室にあるシャワーで,ブラシマッサージで泡一杯になった身体を流します

fb dampf 1 txt7) 蒸気浴 (10分)
サウナです。タオル持込み不可。ざぶとん有り。上の段ほど温度は高くなります。

fb dampf 2 txt8) 蒸気浴 (5分)
隣りにある,やや温度の高い蒸気浴。上の段ほど温度は高くなります。

fb center txt9) 温水の浴槽プール (10分)
温泉と云えないこともない大きな浴槽。36度なので日本の温泉よりも低い温度です。

fb dome txt10) ジャグジー浴槽 (15分)
34度で水温は高くありませんが,ジャグジーなので気持ちよく,いつまでも居たい感じです。
人気が高いので人が何人もいたら,まずパスして後でまた行きましょう。

fb-kuppel w400 txt11) 丸天井下の円形プール(5分)
フリートリッヒ浴場のハイライトです。写真のような輝きはないかも知れませんが,ゆっくり浸かりながら17メートルの高さの丸天井を眺める気持ちは格別。
男女別の日でも,ここだけは混浴になります。

fb shower txt12) シャワー (5分)
身体を流す自分のための目的もありますが,プールを汚さない他人のためでもあります。

fb kaiserbad txt13) 冷水の浴槽
18度らしいですが,もっと冷たい感じです。時間は好みに応じて。

fb restingroom txt14) 身体を拭く
すべてが終わった後です。また戻ることは出来ません。

fb massage 2 txt15) クリーム マッサージ (8分)
オプションのマッサージ。身体中にボディーローションを塗ってさする感じですが,すぐに終わります。
このオプションを取っていない人には,ローションが用意されているので自分で塗ることができます。

fb restingroom txt16) 休憩室 (30分)
裸の身体にタオルをぐるぐる巻きにされ,横になります。暗い静かな部屋なので寝込んでしまいそうです。
女性サイドというか,右側から入った人だけが利用できる部屋です。

fb restingroom txt17) 読書室 (30分)
別に雑誌を読まなくても,無料のソフトドリンクまたはお茶を飲みながらロングチェアーでゆっくりできます。
男性サイドのみにある部屋です。

注)女性側にある休憩室と男性側にある読書室との往復は理論的には可能で,受付では「自由です」と云われますが,実際はむずかしいです。メンバーの人たちはバスロブを持っているので,外に出て反対側に行けますが,一般客は大変。
それで,終了後にどちらで休むかを決めてから,それに沿って入り口を選ばれたら良いと思います。
ただ,それが可能なのは,混浴の日だけですが・・・