Frankfurt

画像のロード中です ...

  • Frankfurt_5_w500h300
  • Frankfurt_euro_w500h300
  • Frankfurt_11_w500h300

Frankfurt am Main - フランクフルト

フランクフルトの情景

第18回日本映画祭「ニッポン・コネクション」
2018年5月29日~6月3日、フランクフルト

100本超の映画上映 /新たに 「NIPPON DOCS」創設/ 多彩な文化プログラム

2018年5月29日から6月3日までドイツ、フランクフルト市で第18回目の日本映画祭「ニッポン・コネクション」 が開催されます。世界最大の日本映画専門の映画祭は、合わせて100本以上の長編短編映画を上映し、日本シネマの多彩な作品をヨーロッパに発信します。日本から約60名の映画人やアーティストが来場し、自ら作品をドイツの観客に紹介します。さらに、様々な文化プログラムを通して日本の文化に出会うことができます。メイン会場は劇場Künstlerhaus Mousonturm及びTheater Willy Praml in der Naxoshalleです。

上映プログラムのハイライト

 ニッポン・コネクションでは数多くのドイツプレミア上映が行なわれます。大ベテランである大林宣彦監督は『花筐 HANAGATAMI』で、1940年代の日本のある若者たちの、多様かつユニークなスタイルの青春群像劇を描いています。是枝裕和監督の犯罪ドラマ『三度目の殺人』では、2017年の「ニッポン名誉賞」受賞者である役所広司が、死刑判決を受けた殺人犯を力強く演じています。飯塚健監督の田舎を舞台にしたコメディ『榎田貿易堂』は、ドライなユーモアとチャーミングな地方色に満ちています。主演俳優の渋川清彦は、フランクフルトで行なわれる世界プレミア上映に登場する予定です。山崎貴監督は、『DESTINY 鎌倉ものがたり』で観客をロマンチックな冒険に満ちたファンタジーの世界に導きます。更なるハイライトは、本年のベルリン国際映画祭で著名なFIPRESCIを受賞した、行定勲監督による暗然たる青春ドラマ『リバーズ・エッジ』です。大人気の北野武監督は、『アウトレイジ 最終章』で待ちに待ったヤクザ・エポスを届けます。若手監督の田中隼による『バーミー』は、衝撃的なビジュアルによる陰湿な雰囲気漂うホラー作品です。

アニメーション映画

 個性的なアニメーション映画のファンは、湯浅政明監督の最新作をお楽しみいただけます。同監督の『夜明け告げるルーのうた』と『夜は短し歩けよ乙女』は、美しいビジュアルで描くメルヘンとミステリーの物語に仕上がっています。どちらも当映画祭でドイツプレミア上映となります。西見祥示郎監督とギョーム・ルナール(Guillaume Renard)監督による独仏共同制作『MUTAFUKAZ』も、よくあるアニメのステレオタイプから離れて、社会批判を含んだ楽しいアクションを届けます。

歴史的な映画体験

ライブ音楽と活動弁士片岡一郎による無声映画上映『鞍馬天狗』(山口哲平監督、1928年)は、観客に今では珍しい、貴重な映画体験を提供いたします。さらに、向井寛監督のピンク映画『ブルーフィルムの女』(1969年)は配給会社Rapid Eye Moviesによる修復版で上映されます。

新規部門「NIPPON DOCS」(ニッポン・ドックス)

本年の新規企画として「ニッポン・ドックス」部門が新たに誕生いたします。文化基金Kulturfonds Frankfurt RheinMainの協力により開催されます。この部門では、日本の社会・政治問題をクリティカルな視点から扱ったドキュメンタリー映画が数多く紹介されます。既に多くの賞を受賞した『Of Love & Law』(戸田ひかる監督)は、性的指向や家庭環境のために、日本社会においてマイノリティとされる人々の現状を紹介します。小森はるか監督は、数年間、東日本大震災で被災した町に生活する種苗屋を訪ね、希望を持ち続ける人を描いた作品『息の跡』を作りました。想田和弘監督も地方に足を運び、『港町』で過疎化が進む港町の人々の生活を映し出します。

多彩なカルチャープログラム

当映画祭は、複数の映画部門の他にも、日本文化を紹介するワークショップ、コンサート、パフォーマンスやアート展示もお届けします。沖縄の切り紙アーティスト新川美千代によるワークショップや風呂敷の多様な使い方を発見できる教室が開催されます。写真家マチュー・ゼルヴェガ(Matthieu Zellweger)はギャラリーAusstellungsraum Eulengasseで写真展「The Art of Sake Brewing(お酒醸造のアート)」を紹介します。日本とスイスのコンボTim und Puma-Mimiはエレクトロポップでオーディエンスを盛り上げます。カルト監督・作家のJörg Buttgereit(ヨールク・ブットゲライト)は、「ニッポン・アットホームシネマ」で日本ジャンル映画の名作を紹介します。ビールとポテトチップスを片手に楽しんでいただける企画です。また、ブランチ映画上映やフィルムディナーでも、映画とグルメが充実しています。さらに和食、工芸や小物を楽しみたい方は、多くの屋台や売り場をお楽しみください。

子供向けプログラム

日本ファンの子供たちにはニッポン・キッズ部門にて、様々なエンターテイメントを用意しています。本年の子供向け映画として米林宏昌監督による素敵なアニメ映画『メアリと魔女の花』が上映されます。鯉のぼりワークショップで布や絵の具で大きな鯉を作ったり、紙芝居パフォーマンスで日本の古くからある子供向け演劇をお楽しみいただけます。

映画祭について

 日本映画祭「ニッポン・コネクション」は70人のボランティアチームからなる公益団体「ニッポン・コネクション」により運営されています。フランクフルト市長ペーター・フェルトマン、並び在フランクフルト日本総領事(申請中)にご後援いただいております。 メイン会場は劇場Künstlerhaus Mousonturm及び Theater Willy Praml in der Naxoshalleです。さらに、映画館Mal Seh’n Kino, im ドイツ映画博物館およびギャラリーAusstellungsraum Eulengasseでもイベントが開催されます。