ヴァルトカフェ

waldcafe

Waldcafé

森の入り口,丘の上のカフェ・レストラン

歩くことが好きな人でなければ,お茶だけのために徒歩で行くのは時間がもったいないかも知れません。
しかし,本当は,バーデン・バーデンの東側の丘をゆっくりゆっくり上がり,少し上がるたびに町が見渡せ,途中で階段状の小さな滝が魅力的なイタリア庭園もあり,結構良い散歩道なのです。
ですから,歩き好きの人でなければ,山上に登るためにロープウェイの駅に行くときの,行きまたは帰りにぜひ立ち寄ってください。
ロープウェイ駅から徒歩数分です。
午後はお茶の時間になりますが,食事もとてもお奨めです。バーデン地方の郷土料理が,バーデン・バーデンでは高くない料金で提供されています。
子ども連れなら,前庭の遊び場に子どもたちをほっておいても大丈夫。
帰りが,ちょっと面倒だと思うかも知れませんが,暖かい夏であれば静かな住宅街をゆっくり丘を下るときれいな夕陽が望めます。
それが嫌なら,近くにバス停もあります。

Waldcafé-Restaurant
Merkuriusberg 1
76530 Baden-Baden
>>> www.waldcafe-baden-baden.de

ベルヴュー

bellevue

Kurpark-Residenz Bellevue

高級老人ホームのカフェ

老人ホームの喫茶室と聞いてどのような印象を抱かれるか分かりませんが,ここではほとんどそんなことを気にする必要はありません。
見学に行った折に立ち寄り,すっかり気に入りました。
ホーム自体はドイツ有数の高級,というか高額ホームらしいですが,喫茶・食堂は意外と穴場だと思います。
なぜかと云えば,一等地にもかかわらず,老人ホーム,それも高級ホテルのような近づきがたい門と玄関ですから,一般の通りすがりの人たちはあまり入って来ないのです。
ゲートで怖気づかずに気楽にお茶をしてください。昼食と夕食時間の間の午後が一番良いと思います。
中に座ってしまえば,普通の喫茶店。普通の喫茶店ですが,天気の良い日の暖かいテラスからの緑園の眺望は素晴らしく,また狭いながらも質素な内装もなぜか安心します。
そして,何よりも住人のお年寄りも訪問の家族メンバーも従業員の人たちも,高級施設という鼻の高さが全く感じられないのが心地良いです。
ケーキ,飲み物,料金,すべて普通の喫茶店です。

散歩しながらのお奨めアクセス:
町の中心からリヒテンターラー公園に入り,オースの小川沿いに南の方向に歩きます。右側にテニスコート,そして左側に Gönneranlage(花園)が見えるので花園の中に入ります。
Gönneranlage では,ぜひ,真ん中だけではなく端っこの部分も見て廻ってください。広くないので,お年寄りでも大丈夫。
そして,反対側の適当な場所から出た目の前にある豪華な邸宅のゲートが入り口です。

Kurpark-Residenz Bellevue
Ludwig-Wilhelm-Strasse 26
76530 Baden-Baden
>>> www.bellevue-baden-baden.de

カフェ・ケーニッヒ

cafe koenig

Café König

パティセリー通に知られる「王様のカフェ」

バー デン・バーデン周辺で一番有名,なのかどうかは分かりませんが,ケーキやチョコレートが好きな人たちにとってはバーデン・バーデンでまず行くべきところらしいです。ケーキ販売の店内は狭く,テラスは陽が当たらず,室内は普通の典型的な北ヨーロッパの内装家具,やや金持ち風の中年婦人が多いだけ,という感じを抱くのは僕のような男だけかも知れません。
町の中心(レオポルド広場)ですから,ケーキ・チョコレートが好きな方はぜひ覗いてみてください。

Café König
Lichtentaler Str. 12
76530 Baden-Baden
Tel. 07221 / 23573
>>> www.chocolatier.de

トリンクハレ

trinkhalle 1

Trinkhalle

ソファーでゆっくり,ウィーン風カフェ

バーデン・バーデンに来たら,まずトリンクハレに向かう人たちは多いと思います。飲泉だけではなく,観光案内所が入っていますから。
同じ館内で,クアハウス前の緑地を見渡す場所のコーヒーショップは心地良い休憩所です。
陽が入らない時間帯のテラスでは,簡易椅子で居心地はあまりよくないかも知れませんが,そんなときは中のソファーが空いていたらラッキーです。
個人的には,朝方の人が少ないときのコーヒーの味が格別です。

Trinkhalle
Kaiserallee 3
76530 Baden-Baden