ドイツ鉄道

近い将来,適正料金,正確な運行時刻,快適な車内の実現を願って

時刻表通りに運行するドイツ鉄道という評価はとっくに消え去り,トイレの掃除もなおざりにし,壊れた自動販売機もそのままで,有って無いが如しの時刻表に沿って走るドイツ鉄道の評判はさんざんですが,それでも移動媒体として好んで利用する人たちはたくさんいます。
現在のところ,割引切符を得る最良の方法とはいえなくても,バーンカードのメリットは十分あるので,賢く利用したいものです。

>>> BahnCard(英語ページ)

BahnCard(バーンカード)

ドイツ鉄道の割引カード「BahnCard」は大きく分けて3種類あります。
ドイツ鉄道の全列車に適用されている正常料金の25%,50%,100%の割引率で切符を購入できるバーンカードは基本的に申込んだ日から1年契約で,解約を行わない限り,毎年自動的に更新されます。
また,数年前までは到着駅から目的地までの自治体(市内)交通網は,到着地の都市に限って乗車券に含まれていましたが,現在は出発地と到着地の両方の町においてドイツ鉄道の切符で市内交通網(路面電車,バス,Sバーン)を利用でき,バーンカードの保有者も同様のメリットを受けられるようになりました。
また,14才以下の子供は保護者の切符で無料で乗れますが保護者の切符に記載されていることが必要です。

実は,割引カードというシステムではなく,飛行機と同じように,需要の多い期間(日時)と空席が多い時間帯に応じた柔軟な料金設定を行なう提案は度々出されてきたのですが,ことごとく拒否してきたドイチェバーン取締役会の戦いの歴史があります。

バーンカードからの収益は,鉄道切符の全販売額の約半分になっているので,守るべき固い収入と捉える役員と,需要に応じた柔軟な料金設定によって増収が見込めると共にパンク状態の列車とガラガラ列車のバランスが取れることを主張する役員が舞台裏で戦ってきたのです。
結局,バーンカード支持側が勝利したドイツ鉄道会社はバーンカードの保有者を増やすべくやっきになるのですが,これまで500万の壁を超えることはできませんでした。
ところが2018年1月現在,バーンカードの保有者はこれまでで最高の540万人を記録しました(BahnCard 100の保有者は5万人弱)。
増えた理由は,これまでのような3種類に限らず,もっと柔軟性のあるカードも加えるという方針で導入した,いくつかのフレックス・カードが功を奏したようです。

例えば,BahnCard 25と同じ条件で2017年秋に導入された,月極め解約が可能なフレックス・カードBahncard Flex の料金は,最低契約期間は3ヶ月ながらわずか6.50 € / 月,つまり1回限りの長距離移動でも正常料金を支払うことが馬鹿馬鹿しくなる感じなのです。
要は,ドイツ鉄道としては,在ドイツ住民の全員の囲い込みを図っているのかも知れません。

多くの人たちに高メリットの BahnCard Flex

BahnCard Flex 25: 6.50 € / 月(2等),13.00 € / 月(1等)
BahnCard Flex 50: 25.00 € / 月(2等),50.00 € / 月(1等)

最低契約期間が1年から3ヶ月に短縮,その後は4週間前の解約通知で翌月解約
解約通知が出されない限り自動的に延長
その他の条件はBahnCard とほぼ同じですが,パートナー割引価格や家族割引はありません。
ドイツ鉄道は,効果がなければ BahnCard Flexの廃止も視野に入れているのか,購入期限は2018年6月9日まで,カードの使用開始日は遅くとも2018年12月8日に設定されています。
つまり,購入時に希望の使用開始日を指定できるわけですが,遅くとも購入日の180日後と決めたようです。

>> BahnCard Flex のインフォ・予約(ドイツ鉄道サイト)

 

プログラム提供元: CComment

旅のヒント

チップで戸惑わないために

euro coinsレストランやカフェの勘定書はチップ込みの値段を記載するようになって久しいですが,それでもやはり多少のチップは当たり前になっているようです。

でも,その当たり前の額は?となると人さまざま。
いわゆる,高級と名のつく施設(ホテル,レストラン)は別ですが,一般的には,四捨五入でいく人が多いようです。

例:
2.5 € の飲み物のみ >> +0.50 で,3 €
(立ち飲みは,ゼロか20セント程度)
18.50 € の食事 >> 20 €
38 € の食事 >> 40 €
31 € の食事 >> 端数が出ないのでむずかしい。2~3ユーロ
一般レストランならば,数人で額が高くなっても,10ユーロのチップはやりすぎ。

という感じでしょうか。因みにヨーロッパでは,枕銭なるものはありません。
その代わり,ポーターやルームサービスは,レベルに応じて,1~3ユーロ。

電動自転車レンタル

電動自転車レンタル

アムステルダムの自転車は有名ですが,自転車のインフラやサービス環境はコペンハーゲンの方が上かも知れません。そのコペンハーゲンでレンタル電動アシスト自転車が市と観光局の推進で大きく広まっています。GPSマップ付きバイクで町のステーションのどこからでもレンタルして,どこでも乗り捨て可。まさにEバイクのスマートシティー。高価なセグウェイと異なり,レンタル料金は1時間25クローネ(約3.5 € | 400円)。予約要
Bycyklen

visitcopenhagen

金の切れ目は,旅の切れ目

pickpockets beware

身の安全が最も大事なことは誰でも知っています。それで,ヨーロッパではあまり大事件は起こりません。

置き引き,スリが多いことも,みんな知っています。それでも,なぜ盗まれてしまうのでしょうか。
フランクフルト中央駅で,あそこにいる女性はスリですから気をつけてください,と警察官に言われたことが2回も(!)あります。

ユーロ導入国・非導入国

欧州連合に属しながら,通貨はポンドを保っている英国をはじめ,以下の数カ国を除くすべての国(17ヵ国)の共通通貨はユーロです。
また,欧州連合に属していないアンドラ(フランスとスペインの間の山間にある小さな国),コソボ,モンテネグロもユーロを採用しています。

独自の通貨を守っている国々:
英国,デンマーク,スウェーデン,アイスランド,ノルウェー,スイスなど

欧州諸国の時間

ヨーロッパ諸国の時間帯は3つ(ロシアを含めると4つ)に分かれています。
英国,北アイルランド,ポルトガルの西側諸国,ギリシャやトルコを含む東側諸国を除いた国はすべて中央ヨーロッパに属します。
ほとんどの国が夏時間を採用し,日本との時差は中央ヨーロッパでは8時間(夏季は7時間)です。
夏時間は,通常は3月の最終日曜日の午前2時から10月の最終日曜日の午前2時までです。

英国,北アイルランド,ポルトガル:
GMT / GMT+1(夏季)
中央ヨーロッパ諸国:
GMT+1 / GMT+2(夏季)
ギリシャ,トルコ,東欧諸国:
GMT+2 / GMT+3(夏季)
* GMT (ヨーロッパ中央時間)

ドイツ旅行の安全情報
バックパッカー

貧乏旅行より,賢い節約旅行を

国民の平均給与は低いのに,旅行者にとって高くつく国もあります。それでも,旅行滞在費の多くは宿泊と食事にかかることを考えると,東ヨーロッパ諸国は西ヨーロッパの半分ぐらいのお金で旅行できるようです。 西ヨーロッパでは南に下るほど物価は(ユーロ導入以前ほどではないにしろ)安くなります。 ローマ以南のイタリア,そしてアテネを除くギリシャの田舎町など。特に,経済危機の波を受け,宿泊費・食費が非常に下がっている,気候が温暖で海もきれいなギリシャは,これからバジェット・トラベラーの人気スポットになりそうです。

ヒント: バックパッカーは耳栓を常備 ?! (ドミトリー式の部屋に宿泊すると,いつも大きないびきをする人がいます。彼はぐっすり寝て,周りの人は寝不足)