身体障害者の旅


disabled w640プランは欠かせないけれど,十分動ける,楽しめるヨーロッパ

でも,身体が不自由な人が,偏見のまなざしを受けることなく,あまり苦労せずに旅行できるのは,中央以北の西ヨーロッパ。
南欧・東欧の旅行も不可能ではありませんが,ハード面で障害にぶつかり,身動きできなくなることもある覚悟が必要です。
特に,車椅子での東南ヨーロッパの旅行は,「挑戦の意志」がない限り,ずばりあきらめた方がいいと思います。

大都市では,ベルリン,アムステルダム,ストックホルム,ヘルシンキの地下鉄がバリアフリーの設備を整えています。それでも,都市にかぎらず,朝夕の混雑する時間帯はできるだけ避けましょう。

バリアフリーの設備が整っている鉄道の国は,トップはフランス,そしてベルギー,デンマーク,オーストリア,少し落ちてドイツとなるようです。

列車は1等,席は常に予約する。
ドイツの特急列車の場合,車椅子も入る広い1等のコンパートメントはすぐ隣に身体障害者用トイレもあるので便利。
小さなこども連れのファミリーや身体障害者は優先的に席をもらえます。

移動の手段や宿泊施設ではなく,障害者に対する人々の意識としては,経験では,スカンジナビア諸国とスコットランドです。

エジンバラのレストランで,ややみすぼらしい装いをした車椅子の人がひとり入ってきました。ウェイトレスがすぐにかけより,何かささやいたかと思うと,また仕事に戻りました。お金か,料理の残りでも乞うているのだろうと思いました。
ところが,おそらく,「すみませんね。あいにく車椅子が入れる席がなくて。見つかり次第すぐに案内しますから,少々お待ちください」という感じだったのです。
10分ほど経ってから2人の従業員が来ましたが,レストランの入り口とホールの間には,数段ながら階段があるので,車椅子をかかえて,微笑んで語りながら席に案内しました。
そのようなレストランに障害者がひとりで訪れることも驚きでしたが,平等に,気を使って対応することが,全く当たり前の日常という社会も,一種の感動でした。

 

旅のヒント

チップで戸惑わないために

euro coinsレストランやカフェの勘定書はチップ込みの値段を記載するようになって久しいですが,それでもやはり多少のチップは当たり前になっているようです。

でも,その当たり前の額は?となると人さまざま。
いわゆる,高級と名のつく施設(ホテル,レストラン)は別ですが,一般的には,四捨五入でいく人が多いようです。

例:
2.5 € の飲み物のみ >> +0.50 で,3 €
(立ち飲みは,ゼロか20セント程度)
18.50 € の食事 >> 20 €
38 € の食事 >> 40 €
31 € の食事 >> 端数が出ないのでむずかしい。2~3ユーロ
一般レストランならば,数人で額が高くなっても,10ユーロのチップはやりすぎ。

という感じでしょうか。因みにヨーロッパでは,枕銭なるものはありません。
その代わり,ポーターやルームサービスは,レベルに応じて,1~3ユーロ。

電動自転車レンタル

電動自転車レンタル

アムステルダムの自転車は有名ですが,自転車のインフラやサービス環境はコペンハーゲンの方が上かも知れません。そのコペンハーゲンでレンタル電動アシスト自転車が市と観光局の推進で大きく広まっています。GPSマップ付きバイクで町のステーションのどこからでもレンタルして,どこでも乗り捨て可。まさにEバイクのスマートシティー。高価なセグウェイと異なり,レンタル料金は1時間25クローネ(約3.5 € | 400円)。予約要
Bycyklen

visitcopenhagen

金の切れ目は,旅の切れ目

pickpockets beware

身の安全が最も大事なことは誰でも知っています。それで,ヨーロッパではあまり大事件は起こりません。

置き引き,スリが多いことも,みんな知っています。それでも,なぜ盗まれてしまうのでしょうか。
フランクフルト中央駅で,あそこにいる女性はスリですから気をつけてください,と警察官に言われたことが2回も(!)あります。

ユーロ導入国・非導入国

欧州連合に属しながら,通貨はポンドを保っている英国をはじめ,以下の数カ国を除くすべての国(17ヵ国)の共通通貨はユーロです。
また,欧州連合に属していないアンドラ(フランスとスペインの間の山間にある小さな国),コソボ,モンテネグロもユーロを採用しています。

独自の通貨を守っている国々:
英国,デンマーク,スウェーデン,アイスランド,ノルウェー,スイスなど

欧州諸国の時間

ヨーロッパ諸国の時間帯は3つ(ロシアを含めると4つ)に分かれています。
英国,北アイルランド,ポルトガルの西側諸国,ギリシャやトルコを含む東側諸国を除いた国はすべて中央ヨーロッパに属します。
ほとんどの国が夏時間を採用し,日本との時差は中央ヨーロッパでは8時間(夏季は7時間)です。
夏時間は,通常は3月の最終日曜日の午前2時から10月の最終日曜日の午前2時までです。

英国,北アイルランド,ポルトガル:
GMT / GMT+1(夏季)
中央ヨーロッパ諸国:
GMT+1 / GMT+2(夏季)
ギリシャ,トルコ,東欧諸国:
GMT+2 / GMT+3(夏季)
* GMT (ヨーロッパ中央時間)

ドイツ旅行の安全情報
バックパッカー

貧乏旅行より,賢い節約旅行を

国民の平均給与は低いのに,旅行者にとって高くつく国もあります。それでも,旅行滞在費の多くは宿泊と食事にかかることを考えると,東ヨーロッパ諸国は西ヨーロッパの半分ぐらいのお金で旅行できるようです。 西ヨーロッパでは南に下るほど物価は(ユーロ導入以前ほどではないにしろ)安くなります。 ローマ以南のイタリア,そしてアテネを除くギリシャの田舎町など。特に,経済危機の波を受け,宿泊費・食費が非常に下がっている,気候が温暖で海もきれいなギリシャは,これからバジェット・トラベラーの人気スポットになりそうです。

ヒント: バックパッカーは耳栓を常備 ?! (ドミトリー式の部屋に宿泊すると,いつも大きないびきをする人がいます。彼はぐっすり寝て,周りの人は寝不足)