Japanisch drucken
ドイツで日本語印刷

イツは印刷の国。グーテンベルクはもとより,日本の印刷会社でも長年標準だったハイデルベルク印刷機で知られるハイデルベルク社は160年の歴史を有する老舗です。
そんな印刷王国でも,かつては日本語の印刷は不可能でした。それで,日本からコンパクトな活版印刷盤を持って来て商売をされていた方も,わずかながらドイツの都市におられたようです。しかし,ワードプロセッサーの印刷技術の向上でドット数が上がり,さらにアウトラインフォントになって,日本語活版印刷業も終わりを告げました。

business card wh350さて最近は,OSやソフトを問わず,安価で求められるようになったレーザープリンターで高解像度のきれいな日本語が印刷できるので,家庭でもオフィスでも通常は問題ありませんが,名刺,チラシ,小冊子を大量に印刷したいときなど,プリントショップや印刷所に依頼したいこともあります。
その際,オンライン印刷は安いので利用されている人も多いと思いますが,ドイツ語という壁があっても,分かりやすく使いやすい多くの雛形が用意されているので,特に名刺などは書き込んでアップロードすれば基本的に問題はありません。
オンライン印刷用データをアップロードする際の注意点はいくつかあるのですが,ほとんどは日本で行う印刷(オンライン印刷)と同じです。
ひとつを除いて・・・
日本語の書体,フォントです。

ドイツ(ヨーロッパ)の印刷所の日本語フォント

日本の印刷所には当然ながら数多くの日本語フォントが用意されていますが,ドイツ(欧州)の印刷所やプリントショップには,アルファベットフォントは数多くある中で,日本語はアジア文字を専門に取り扱っている会社を除き,サンセリフとセリフの2種類の標準フォントしかありません。

セリフというのは明朝体のように「はらい,はね」が付いている文字,サンセリフというのはゴシック体の文字です。

印刷所では,印刷用に数種のソフトが用いられていますが,近年では Adobe セットが標準としてほとんどの印刷所でインストールされているようです。
これらは,Illustrator, PhotoShop, InDesign, Acrobat です。
中でも,DTP作業(版下データ)に使われる欧州言語版 Adobe InDesign の標準日本語フォントが,小塚ゴシック(Kozuka Gothik)と小塚明朝(Kozuka Mincho)だけなのです。
つまり,そのまま日本語をアップロードしただけでは,文字化けは発生しない代わり,すべての日本語文字が小塚ゴシックか小塚明朝のフォントに代わってしまうわけです。

そういう理由から,印刷所は,日本語に限らず,全文字を「埋め込み」または「アウトライン化」するように推奨しています。
しかし,この作業にはソフトが必要ですし,また「埋め込み」や「アウトライン化」の意味が分からない人たちも結構いるはずです。

日本語フォントは基本的に埋め込み不可

欧米言語(ラテン語アルファベット)のフォントは基本的に無料で,ほとんど問題なく「埋め込み "embed"」できるのですが,文字数の多い日本語はフォント作成にも多大な時間と金を要するため,以前よりは値下がりしたとはいえ,埋め込み可能な日本語フォントは高価で,別途購入する必要があるのです。
それで我々のような一般人には,アウトライン化が最も安全かつ安上がりな方法になります。

ところで,多くの印刷業者はPDFデータとしての提出,またはPDFも併せて添付するように記しているところが多いようです。
PDFは一般的になってきたので多くの方がご存知のように,Adobe Reader で表示する PostScript と呼ばれる,ドット数は関係ないスムースな文字表現を可能にしたフォーマットです。
そして,ワードなど,どんなソフトで作った文章やファイルでも無償で手軽にPDF化できるようになったため,日常的に使用している人も多いと思いますが,実はPDFファイルを開くデバイス(コンピューター,スマートフォーンなど)に同じフォントがインストールされていない場合は,類似する別フォントに代替されてしまうのです。
それでも構わないと思われるかもしれませんが,名刺のように小さな文字列はフォントが代わることにより,ずれてしまう恐れがあるので要注意です。

オンラインにしろ,最寄のプリントショップにしろ,ドイツの印刷所を利用する際は,日本語文字が代わってしまうかもしれないことを認識しておいてください。

プログラム提供元: CComment