ドイツの市場

ドイツのマスメディア

    上昇が止まらないドイツ都市の不動産

    政治的にも経済的にも安定した法治国家として,国際ファンドがドイツ国内の不動産に注いできた投資に限りが出始めた。国際ファンドのドイツ不動産への投資額は昨年度の680億ユーロから30億ユーロ下がった。PwCが約800名の不動産専門家に行ったアンケートによると,「ドイツ都市の不動産は高くなりすぎた,もう天井に達している」という意見が非常に多かった。にもかかわらず,未だに上がり続け,それが家賃に反映している都市は下記の通り。

    1. Berlin
    2. Frankfurt
    3. Mainz/Wiesbaden
    4. Oldenburg
    5. Dresden
    6. Düsseldorf
    7. Leipzig
    8. Hamburg
    9. Magdeburg
    10. Nürnberg/Fürth/Erlangen
    11. Mannheim/Heidelberg/Ludwigshafen
    12. Köln
    13. München
    14. Stuttgart
    15. Essen