ドイツ出入国時の注意

 

stop customs甘くない税関

EU諸国間の移動が自由になると共に,ご存知のように日本などの欧州外との出入国の空港で(唯一の)税関審査が行われます。

日本国籍を所有する人はビザ不要。国境検査もあまり厳しくないというのは,全く嘘ではないと思います。ただ,それを裏手にとって意思的・無意識的に税関を潜り抜けようとする人が多く,問題になっています。空港の税関審査は抜き打ちですが,勿論ドイツ人に対しても同様に厳しく,そして「知らなかった」とか「言葉(ドイツ語)が分からない」という言い訳は全く通じないどころか,状況を悪化させることは知っておいた方が良さそうです。

また,税関で審査される前に申告すると,正当な税金を支払うだけですが,無申告で審査時に商品が発見された場合は多額の罰金が加算されます。同時に,ドイツ在住者が一時帰国する場合は,出国時にノートブックやスマートフォーンなど,ドイツで購入した証明などを得ておくと再入国時の問題を避けられます。

特に,10年ほど前に,テロ対策およびマネーロンダリングを防ぐ目的で決められた,現金持ち込も・持ち出しの上限1万ユーロは,チェックなども現金に含まれますので,現金に限らず,定かでない場合は申告する列に並んで説明を仰いだほうが問題を避けられます。

また,税関ではありませんが,ドイツに入国後も以前と異なり,銀行口座を持っていない場合,都市銀行で両替を行うことはできなくなっています。
ただ,個人的には,フランクフルト空港など多くの空港で,飛行機を降りてからバゲッジ・クレームまでの間に出迎えの人などと会えることができるのが理解できません。
出迎えの人たちは税関審査後のゲートで待っていますが,会おうと思えばその前に会えるのです。それで,「やばい」モノは出迎えの人に渡して,バゲッジを取って,税関審査では知らんふり,とか。勿論不法ですが。
一度,税関で私の前に日本人の女性がいて,税関がトランク内の「ふりかけ」についてしつこく聞いていたこともありました。

下記の在日ドイツ大使館のサイトでドイツ税関に関する有益な説明があります。
やはり,結構問題が多いと見え,出入国時の税関通過に関する説明が新たに詳しくなっています。

>>> ドイツ税関での諸注意(在日ドイツ大使館)


Comments powered by CComment

butterfly 1 wh500